トピックス



講習会・協会行事等の今後の予定!


平成29年3月21日(火)
無期転換制度と均衡待遇の実務対応

平成29年4月10日(月)
新入社員安全衛生教育等講習会

平成29年4月20日(木)
平成29年度 労働行政運営方針と労働関係法説明会

平成29年5月29日(月)・30日(火)
安全衛生推進者養成講習開催


 

 

講習会・協会行事


新入社員安全衛生教育等講習会

~待ったなし! 企業対応と想定されるリスク~

 

日  時
平成29年4月10日(月)
13時15分~16時15分
開催場所
豊島区立生活産業プラザ 8階多目的ホール
豊島区東池袋1-20-15
地図
講習内容
ご挨拶 池袋労働基準監督署長
 
講習(1)
◆安全・健康とは
◆自分の安全・健康を守るためのKYT実践
◆職場での安全健康対策
講師:スポーツケア整体研究所 認定指導員 小沼 博子 氏
講習(2)
社会人としてのセフルケア
◆社会人としての生活習慣チェック
◆睡眠とメンタルヘルス
◆自分で気づく、注意の目安とは
◆不調に気づいた時に、取るべきアクション
講師:(株)丸井グループ 健康推進部長 専属産業医 医師・医学博士 小島 玲子 氏
講習会費
受講者1名様につき1,000円(資料代含む)
※講習会費のお振込み先等につきましては、お申込書受付後、別途FAXにてご案内いたします。
定  員
70名

※申し込み締切:平成29年3月31日(金)

>>資料のダウンロード(PDF形式)


平成29年度 労働行政運営方針と労働関係法説明会

 

開催日時
平成29年4月20日(木)
14時20分~16時
開催場所
板橋区立ハイライフプラザいたばし 2階Aホール
板橋区板橋1-55-16
地図
内  容
ご挨拶:池袋労働基準監督署長、池袋労働基準協会会長
 
「平成29年度労働行政運営方針と重点対策等について」
池袋労働基準監督署担当官
参加費
無料
定  員
80名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

※申し込み締切:平成29年4月12日(水)

>>資料のダウンロード(PDF形式)


登録安全衛生推進者等養成講習機関による

安全衛生推進者養成講習開催

~安全衛生推進者の選任が必要な事業場様! 安全衛生推進者の選任はお済みですか?~

 

開催日時
平成29年5月29日(月)・30日(火)
9時30分~16時

※当講習会は労働安全衛生規則により、必要とされる講習時間が厳格に定められているため、遅刻早退等により必要講習時間未達の場合は、修了証をお出しすることができませんのでご承知おきください。

開催場所
池袋労働基準協会 研修室
豊島区池袋1-8-8 池袋労働基準協会ビル2階
地図
内容及び講師
 
第1日 5月29日(月)
安全管理、危険性又は有害性等の調査およびその結果に基づき講ずる措置等、安全衛生教育
労働安全コンサルタント 奥山 良二 氏
 
第2日 5月30日(火)
作業環境管理及び作業管理、健康の保持増進、安全衛生関係法令
労働衛生コンサルタント 市川 英一 氏
受 講 料
協会員 9,000円 (消費税込)
※協会員様のテキスト代1,296円は協会が助成いたします。
非協会員 10,296円(消費税・テキスト代込)
定  員
20名

※申し込み締切:平成29年5月19日(金)

>>資料のダウンロード(PDF形式)


無期転換制度と均衡待遇の実務対応

~待ったなし! 企業対応と想定されるリスク~

※会場が変更になりました

※定員に達しましたので募集を締め切りました。

 

日  時
平成29年3月21日(火)
13時30分~16時(開場・受付は13時~)
会  場
仏教伝道センタービル 7階会議室「見」
港区芝4-3-14
地図
講  師
中山 達夫 弁護士(中山・男澤法律事務所)
内  容
無期転換制度の法律知識(無期転換の要件、無期転換の効果、無期転換の例外)
無期転換申込制度の実務対応(有期社員の実態把握、方針の決定、就業規則の整備)
均衡待遇の実務対応(契約法20条の考え方、最新裁判例、均衡待遇の実務対応)
受講料
協会会員5,000円 それ以外の方6,000円(消費税・資料代含む)
定  員
34名(先着順)

※申し込み締切:平成29年3月14日(火)

>>資料のダウンロード(PDF形式)

>>会場変更PDFのダウンロード(PDF形式)


 

経営トップの「安全衛生方針」に基づく労働災害防止活動を推進しましょう!

池袋労働基準監督署及び池袋労働基準協会では、第12次労働災害防止計画に基づく安全衛生対策推進の一環として、経営トップの「安全衛生方針」に基づく、労働災害防止運動を推進しております。
労働災害防止にあたっては、具体的な取組みに先立ち、労働者の安全や健康を守るという「経営トップの強い意識」が極めて重要です。
特に、第三次産業で発生している災害は、「転倒災害」をはじめ、日常生活においても起こりうる災害が多く、事業者、労働者双方ともに労働災害防止に対する意識が希薄になりがちです。
経営トップが労働災害防止に対する明確な「安全衛生方針」を表明し、その方針に沿った取組みを一人ひとりが「安全宣言」として実践することにより、「全員参加」で労働災害の撲滅に取組みましょう。
ご応募いただいた会員事業場経営トップの「安全衛生方針」を掲載してありますので、クリックしてご覧ください。
なお、引き続き経営トップの「安全衛生方針」を募集しております。
詳細については、「経営トップの安全衛生方針応募のお願い」をご覧ください。

 

経営トップの安全衛生方針 応募のお願い

 
池袋労働基準監督署長
池袋労働基準協会会長

 職場で働く人の安全と健康の確保のためには、企業における個々の職場に応じた自主的な安全衛生管理に対する取り組みが求められます。

 池袋労働基準監督署及び池袋労働基準協会では、第12次労働災害防止計画に基づく安全衛生対策推進の一環として、引き続き経営トップの安全衛生方針を募集しております。

 ご応募いただいた経営トップの安全衛生方針につきましては、池袋労働基準監督署及び池袋労働基準協会のホームページに掲載する等広報に活用させていただければ幸いと考えております。

 つきましては、応募される「安全衛生方針」は、東京労働局のホームページ>Safe work TOKYOのロゴマークをクリック>安全衛生方針(経営トップ向け)掲示様式をクリックし、様式をダウンロードして記入 してください(様式は任意です)。


 なお、ご記入された「安全衛生方針」は、池袋労働基準協会宛FAX:03-3988-6366にて提出いただくようお願い申し上げます


 

一般社団法人 池袋労働基準協会

〒170-0014
豊島区池袋1-8-8
池袋労働基準協会ビル2階
TEL:03-3988-6344
FAX:03-3988-6366